筋肉の感覚【トレーナー監修】

私は3つの国家資格を取得しているトレーナーで、筋トレやダイエットを指導をしています。

  • はり師
  • きゅう師
  • 柔道整復師

鍼灸師柔道整復整体師国家資格免許証

不正使用を防止するため氏名と免許番号を加工しています。

筋肉の感覚

筋肉の中に「筋紡錘(きんぼうすい)」という筋肉の長さを感知している器官があります。

筋肉が伸びている状態の時に「筋肉が伸びている」という情報を中枢に送ります。

筋紡錘

筋紡錘があるから、「肘が曲がっている」「膝が伸びている」など、実際に関節を見なくても感覚として関節の角度を感じることができます。

筋肉の痛みの感覚

肉離れなど、筋肉が損傷した時に細胞から色々な物質が放出されます。

筋肉の中には、それを感知する器官があり痛みを感じます。

「痛み」を感じて、その情報が脳に伝わるとカラダに色々な反応が起こります。

筋肉トレーニングのダメージ

脳

筋肉トレーニングを行って、筋細胞にダメージを受け、その情報が脳に伝わることで成長ホルモンが分泌されます。

筋肉トレーニングの後に、筋肉の中に代謝物がたまってきて乳酸や水素イオンが刺激します。

その情報が脳に伝わり、脳下垂体が成長ホルモンを分泌するという流れです。

成長ホルモンの働き

成長ホルモンが放出されると、筋肉が太く大きく成長します。

筋肉を増強させるのに欠かせないホルモンです。

HMBプロテイン

筋肉を強く大きくするには筋力トレーニング必要ですが、筋肉の原材料となる「たんぱく質」の摂取が不可欠です!

HMBプロテインには、筋繊維のダメージの回復を早めてくれる効果があります。

より効率的に筋肉を増強するには

筋肉を合成を高め、分解を抑制してくれる「HMB」と、筋肉の原材料となる「プロテイン」を配合したHMBプロテインの摂取がおすすめです。

HMBサプリおすすめランキング1位

HMBとは?

HMBってどんな効果があるの?

そんな方には、このページがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする